• FOR RECRUITERS

採用コラムバックナンバー|採用コラム|人材紹介会社|人材紹介の転職エージェント・ヘッドハンティングのクライス&カンパニー

バックナンバーはこちら

Vol.2 リクルート急成長の秘密は採用にあり!

「採用が変われば、企業が変わる」という信念を私たちは持っています。なぜ、そう確信しているのかといえば、「企業力を超える採用力」をやり続け、成功したリクルートでの経験があるからです。では、高成長を実現したリクルートの採用活動とはいかなるものだったか?

私は1986年にリクルートに入社して以降、7年間にわたり新卒、中途、アルバイト、留学生、役員とあらゆる階層の採用業務に携わってきました。入社時はちょうど日本がバブル経済を迎えた頃で、一年目は800人、二年目以降は1000人前後という新卒の大量採用を行っていました。ところが、会社説明会の出席者から採用する人数は全体のわずか5%未満、1000人の年なら50人程度でした。では残りの人数をどうやって採用していたかというと、リクルーターを通じてでした。ただし、一口にリクルーターと言っても他社とは位置づけがだいぶ異なります。

まず、リクルーターに配置する人数が非常に多く、採用予定人数の10分の1にものぼりました。要するに、1000人採用するために100人のリクルーターを配置していたのです。1人のリクルーターが10人を採用する計算ですね。リクルーターには新卒社員から、学生時代に体育会やサークルの主将をやっていたような、優秀で存在感のある人間が優先的に配属されていきました。つまり、ラインからも引く手あまたの期待されている人材を、採用の最前線に立たせたのです。

上司からリクルーターに対する指示はただ一つだけ。
「お前より優秀な奴を連れてこい!」
連れてくる学生は、リクルート志望がどうかはまったく関係ありません。というより、学生のほとんどはリクルートを志望していませんでした。

当時のリクルートは1985年に社名変更したばかりの段階で、現在のような知名度はありません。「無料で分厚いリクルートブックを送ってくるから、半官半民の会社だろう」という誤解されたイメージも根強かったぐらいです。いわゆる一流大学の学生から、就職志望先としてあげられることはまずありませんでした。そうした学生たちが主に志望しているのは、当時は銀行や商社でした。それも、銀行なら当時の日本興業銀行を筆頭に三菱銀行、住友銀行など。商社なら三菱商事や三井物産、住友商事、伊藤忠商事など。こうした名だたる一流企業群と無名のリクルートが採用競争を繰り広げていたわけです。普通に考えればかなり分の悪い戦いです。ところが、勝率はかなりいい線をいっていました。

では、徒手空拳のリクルートが、一流企業を相手にどう戦っていたのか? その秘密は、次回にお話ししましょう。

※このコラムはお客様向けに毎月配信しているメールでご紹介している内容をそのまま掲載しております。

<< 前へ    |    一覧    |    次へ >>

バックナンバーはこちら

―

お問い合わせ・サポートのお申込みはこちらへ

サービスに関するお問い合わせ、または採用サポートサービスへのお申込み

お電話でのお問い合わせ

株式会社クライス&カンパニー

tel.03-5733-1602

営業時間 9:30~17:30(土日祝祭日及び弊社休業日を除く)

オンライン

  • 採用サポート

CONTACT INFORMATION

  • お問い合わせフォーム
  • tel.03-5733-1602
  • 東京都港区東新橋2-4-1サンマリーノ汐留2F
  • 会社概要はこちらから